読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒川コッタレス

夫婦でロードバイクはじめました。taizoon(アラフォー・夫)トライアスロンを目指すスポーツ好きカスタム好き。みよちん(アラサー・妻)弱虫ペダル好き腐女子。趣味がまるで違うのに、奇跡的に「ロードバイク」だけかぶった! taizoonの更新多めです。

MAVIC COSMIC ULTIME

taizoonです。

和田峠ヒルクライムトレーニングに行って来ました。

ターマックを購入してから、乗る時間だったり、天候だったりなかなかトレーニングができなくて、ましてや遠征するタイミングなんぞ三の次、荒川サイクリングロードの平坦基調しか走れず、ターマックのポテンシャルを発揮していないというか、ヒルクライム専用機として組み上げるべく選んだパーツの方向性が正しいかどうかイマイチ分かってませんでした。

 

この季節、高尾山は関東であっても、やはり寒いと山頂の路面は山からの湧水で凍結し、登りでもタイヤが空回りして落車の危険性があります。前の週に降雪があったので気にはしてましたが、週間天気予報をにらみ、気温をにらみ、休日出勤を無くすべくPCをにらみやっと全てのタイミングが合い出動できました。f:id:tm-arakawa:20170128162500j:image

今回試したかったのは新飛び道具のMAVIC COSMIC ULTIME 2017でした。2016は既に手にいれていたものの、2017のカーボンの仕様の変更(12K→3K)とワイドリム化(23C→25C)の仕様変更はかなり気になってまして、思い切って購入してしまいました。あまりやる人はいないと思いますが、2016と2017の同時所有が実現できたのです。

 

その違いをレポートできればと考え、その手始めがこの和田峠ヒルクライムです。