荒川コッタレス

夫婦でロードバイクはじめました。taizoon(アラフォー・夫)トライアスロンを目指すスポーツ好きカスタム好き。みよちん(アラサー・妻)弱虫ペダル好き腐女子。趣味がまるで違うのに、奇跡的に「ロードバイク」だけかぶった! taizoonの更新多めです。

GP4000sⅡ

 

 

taizoonです。

いよいよ今度末はサイクルイベント

『グルッと まるごと栄村100kmサイクリング』です。

それに向けたカスタムの紹介です。

 

ヒルクライムメイン、しかも100kmという長丁場…

今回のイベントにはターマックで出場する予定です。

特にカスタムするところもありませんでしたが、

先々週の和田峠ヒルクライムトレーニングの際にフロントタイヤがパンクしたのを機に耐パンク性能と耐久性があるタイヤにしたいなと、今回のイベントもあるしなと託けて

タイヤの交換を考えました。

で、色々な情報を得て多少迷いましたがコンチネンタルGP4000sを選択。

f:id:tm-arakawa:20170801190129j:image

f:id:tm-arakawa:20170802074551j:image

 

履かせるホイールはレーシングゼロカーボン。

ワイドリムですが23Cをチョイス。コンチネンタルのタイヤはは一回り太く作られてる?ので23Cでホイールサイドと面一になる設定を狙います。

 f:id:tm-arakawa:20170802074304j:image

お決まりの計量

さすがにタイヤ自体は軽くは無いです。

スーパーソニックと比べると1本当たり30〜40g増になります。わかってはいましたが耐パンク性能を求めたので仕方ありません。なのでチューブで少しでも軽さを稼ぐため、ブチルチューブ最軽量でありますブリジストン EXTENZA 0.45ミリを仕込むことにします。

f:id:tm-arakawa:20170802123152j:image

 

試走→インプレと言いたいところでしたが、なにせ時間が無くターマックとの相性はブッツケ本番、イベント当日になってしまいそうです。