荒川コッタレス

夫婦でロードバイクはじめました。taizoon(アラフォー・夫)トライアスロンを目指すスポーツ好きカスタム好き。みよちん(アラサー・妻)弱虫ペダル好き腐女子。趣味がまるで違うのに、奇跡的に「ロードバイク」だけかぶった! taizoonの更新多めです。

ラファ クライマーズシューズ

taizoonです。

 

コレを選ぶのか?

コレを選ぶのです!

 

普通の方ならそう思うでしょうね。

選ばないでしょうね。

 

f:id:tm-arakawa:20171011221839j:plain

 

ピンク色のシューズ。

 

「ラファ クライマーズシューズ リフレクティブ ピンク」サイズ42 

 

f:id:tm-arakawa:20171011221846j:plain

 

購入しました。

とりあえず試し履きしましたが

最高です。

 

 

非常に作りがしっかりしています。

質感がとても良いのが第一印象。

 

なんて言うのか、反射素材を使用したスウェード調の表皮。

手触りが異次元です。上手に言葉にできません。

 

 

f:id:tm-arakawa:20171011214749j:plain

※上から

f:id:tm-arakawa:20171011214736j:plain

※ヨコから

f:id:tm-arakawa:20171011214804j:plain

※裏面(GIRO製)

f:id:tm-arakawa:20171011214743j:plain

※後ろから(Rapha

f:id:tm-arakawa:20171011214812j:plain

※重量の計測です。

 

コレで身に付けるピンクアイテム的にはコンプリート?かなぁ〜…

 

 

追記

リフレクティブ ピンク」の実験。

 フラッシュを使用した携帯写真です。

f:id:tm-arakawa:20171011223926j:plain

反射しまくってます。

f:id:tm-arakawa:20171011214749j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

シャマルミレ [Shamal Mille C17 ]インプレッション01

taizoonです。

本日、シャマルミレの初乗りです。

長かった〜この1週間。

土曜日は珍しく仕事で、アラサイに出動できませんでしたが、

満を辞してインプレです。

 

今回はホーム?でもありますアラサイの船堀ー岩淵水門の20kmの往復で約40km。

川沿いのほぼ平坦コース。ヒルクライムはほぼありませんがその分、

加速性(アタック反応)、持続性、ハンドリング、ブレーキングなど、

感じたことをアップできればと思います。

 

 

 

嫁のホイールとして購入しましたが、シェイクダウンは私です。

もちろんと言うべきか、

「ある程度グリスを慣らしてからバランスを取って引き渡し」

の構図なので・・・

と言うのは表向きで、単純にカンパを感じたかったからです。

 

 

以前も記事でインプレッション行いましたが、比較するホイールとの

「>、=、<」で表せればと思います。

比較対象は、

MAVIC KSYRIUM LSR 2014【以下:キシリウムLSR】

FULCLUM RACING ZERO CARBON【以下:レーゼロカーボン】

になります。

手持ちのディープホイール以外で、他社で比べがいのあるホイールです。

あくまでも素人の見解ですのでご了承くださいね。 

 

 

今回のシェイクダウンの使用した車両は、嫁のサーベロでなく自分のターマックとしました。

乗りなれた車両での比較が一番かなと・・・

 

f:id:tm-arakawa:20171001224535j:image

 ※岩渕水門(荒川サイクリングロード)

 

各ホイールの基本スペックです。

キシリウムLSR

タイヤ:S-WORKS  TURBO 22C

チューブ:ブリジストン EXTENZA 0.6㎜

レーゼロカーボン

タイヤ:コンチネンタル スーパーソニック 20C

チューブ:ブリジストン EXTENZA 0.45㎜

シャマルミレ

タイヤ:ハッチンソン フュージョン5 ギャラクティック 25C

チューブ:ブリジストン EXTENZA 0.45㎜

になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャマルミレ [Shamal Mille] C17 装着の儀

taizoonです。

先日、かけ足で投稿しました

NEW ホイールの記事になります。

 

▪️シャマルミレ:Shamal Mille 』のC17モデルを購入しました。

 きっかけとしては、嫁が一人て富士チャレンジを完走したのと、

誕生日が近かったのでご褒美とプレゼントがてら‥。

f:id:tm-arakawa:20170923211043j:image

 

まぁ正直なところ、レーゼロカーボンがかなり良かったので、その親会社であるカンパニョーロに触手を伸ばしたかったからと、MAVICからの卒業というのが大きいです。

f:id:tm-arakawa:20170923211748j:image

同じ価格帯のレーシングゼロナイトも検討しましたが、やはり一度はカンパのG3スポークを体験したかったこと。また、最近ワイドリム17C化されたことで、走りのさらなる安定感を求められるのではというのもあげられます。

今の嫁の足廻りはMAVICのキシリウムSLR 15C(23C)で、タイヤはS-WORKSのTURBO 700×22Cを履いています。試し乗りで感じたのが、軽いのですが細いのでピーキーなハンドリングになっていてサイクリングロードであっても継ぎ目などでハンドルが持ってかれる状態になっていました。そういったこともあって少し太めの25Cにし走行安定感を求めました。

 

 

▪️タイヤはハッチンソン

そういったこともあり、25Cのクリンチャーを探します。

こちらも初の試みで、ハッチンソンを選びました。

軽量化モデルを探した際にヒットしたというのと、他社とのタイヤの比較で高い評価を得ていたからです。

 

フュージョン5ギャラクティック25Cをチョイス。チューブはいつものEXTENZA 0.45で、どちらもシリーズ中、軽量タイプのものを選定。耐パンク対策レベルは正直低いです。

f:id:tm-arakawa:20170925232648j:image

f:id:tm-arakawa:20170925232701j:image

f:id:tm-arakawa:20170925232711j:image

※適正タイヤ空気圧の指針

 体重との関係。これは結構参考になります。

 嫁は○○barかなww。

f:id:tm-arakawa:20170925232723j:image

※重量測定:結構軽量です。

f:id:tm-arakawa:20170925232737j:image

※どこにネームも持ってくるかいつも悩みますね。

今回は、NとFのスペースの部分にプラグ部分を合わせました。

f:id:tm-arakawa:20170925232750j:image

 ※シャマルミレにはプラズマ電解酸化処理が施されています。

 マビックでは「エグザリット加工」

 フルクラムのレーシングゼロナイトでは「PEO処理」などと呼ばれおり、

 ほとんど同じ処理です。専用のブレーキパッドを使用しますがブレーキ音は

 マビックでは「エグザリット加工」の方が高い(独特な音色)かな。

f:id:tm-arakawa:20170925232513j:image

 ※嫁のサーベロの変更後写真です。

 キシリウムSLRからの変更で、前後で50gの減量になりました。

 G3スポークは雰囲気変わりますね。

 

 

 

 

 

赤城山ヒルクライム

 

 

taizoonです。

今年最後のレース、「第7回 まえばし赤城山ヒルクライム大会」へ出場してきました。5月に参加しましたハルヒ兄弟大会に位置付けられ(多分)、群馬県が押してる大会です。

参加人数約3000人、前橋合同調査からスタートし総距離21km、平均斜度5-6%を登る大会です。

f:id:tm-arakawa:20170925082428j:imagef:id:tm-arakawa:20170925082802j:image

完走時のゴールゲート前の記念撮影

 なんと、上ジャージを忘れるという失態を犯してしまった。

 試走用のブルージャージで急遽コーディネート?

 なんとなくピンクとブルーでまとまって見えるかな。 

 

f:id:tm-arakawa:20170925075708j:image ※前日受付の後前橋市街をプラプラ。

f:id:tm-arakawa:20170925075644j:image

※今回の参加賞はタイヤケースでした。

 赤城はこう来たかって感じです。

f:id:tm-arakawa:20170925075732j:image

※試走風景:10㎞程度登ってみましたよ。

 4-5%の比較的傾斜が少ないイメージ。日没タイムアップで強制終了しました。

 さてさて、明日が楽しみです。

f:id:tm-arakawa:20170925075817j:image

道の駅:「あいのやまの湯」入浴料:510円

    食事ができる場所もあります。今夜はここの駐車場で車中泊です。

    一人なのでかな気楽に過ごしました。

    結構いましたロードバイク担いだ車が・・

f:id:tm-arakawa:20170925075903j:image

食事の前に一杯。

男の酒:「赤城山

はたして明日、自分は男になれるのか。飲みすぎには注意しよう。

4時起きで大会の駐車場まで10分くらいなので4時半には現地に着くスケジュールで。

10時には寝ました。

 

  

f:id:tm-arakawa:20170925122509j:plain

 大会当日:3:30分起きで、4時には駐車場に入ることができました。

     警備員も多くて結構スムーズに入場。

     こういったところは評価できますね。

f:id:tm-arakawa:20170925082501j:imagef:id:tm-arakawa:20170925080001j:image

この写真は、完走後にイベント会場で撮りましたが、かなり天候に恵まれていました

 

f:id:tm-arakawa:20170925080005j:image

今回のターマック

今シーズン最後のレースなのでこの一年で試してきた軽量化をすべて注ぎ込みました

足回り:レーゼロカーボン+コンチネンタル スーパーソニック 21C

スプロケ:スラムRED GX1190 11-28

チェーン:KMC DLC  チェーン

これで挑みます。

f:id:tm-arakawa:20170925080020j:image

軽量化とはウラハラに、特殊装備も忘れずに

アクションカメラ+予備バッテリー+補給食

乗鞍の際には途中でバッテリー切れによる録画停止に泣いたので、充電と接触不良の確認は念入りに行いました。⇒録画は完ぺきにできていました。

f:id:tm-arakawa:20170925122528j:plain

今回の目標タイム:1時間20分に設定

         色々な情報源から自分の実力に見合ったタイムとしました。

 

 

f:id:tm-arakawa:20170925080107j:image

スタート前に風景:いつも思いますが他人は早そうに見えますよ。

ここからはもちろん頂上まで画像はございません。

しか〜し、アクションカメラで動画はバッチリ取ってますので、

時間が取れれば編集しネットにアップしたいと思ってます。

 

 

f:id:tm-arakawa:20170925082619j:image

頂上ゴール!

目標としていた1時間20分切りは成功しました。

やりました。10kmまでずっと引っ張ってもらった彼に感謝です。

途中で先行させてもらいましたが、最後に抜かれてしまいました。

彼は何分でゴールしたのか気になります。

まぁそれはそれで、このタイムをベースに来年は5分の短縮を目指します。

 

f:id:tm-arakawa:20170925082656j:image

f:id:tm-arakawa:20170925082717j:image 

※参加賞で付いていました1000円金券を利用しいただきました、上州牛を使用したすき焼重かなり美味しかったですよ。

 

▪️レースにはかなりオススメです。

4月から「ツール・ド・八ヶ岳」、「ハルヒル」、「フジヒル」、「乗鞍ヒルクライムとレースに出てきましたが、都心から手軽に参加でき主要な駅から近いところでのヒルクライムレースとすると一番手軽なレースだと思います。

もちろん、コースの難易度、主催者側のやる気、ボランティアのやる気や盛り上げ方、7回目とは思えないくらいの密度の濃さで、一番安心できたのが型体の良い警察官が集団でウロウロと歩いていてくれたことです。

 

今回は一人で参加しましたが、来年は仲間を誘いこの良いイメージを拡散できたらいかなと思うのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャマルミレ [Shamal Mille] C17 開封の儀

taizoonです。

赤城山ヒルクライムに出掛ける直前に届いた

f:id:tm-arakawa:20170923135412j:image

4月にこのカット撮ったっけ。

f:id:tm-arakawa:20170923135604j:image

f:id:tm-arakawa:20170923140640j:image

嫁の誕生日プレゼント用で購入(→本当か?)。

しかし、これからレースに向かうので、今回はこれくらいの投稿ができません。

新しいタイヤ(ハッチンソン製)も購入したので、それと併せて詳細は後日アップします。

 

さぁ、行こう!前橋へ

まえばし「まえばし赤城山ヒルクライム大会」だ。

 

 

 

 

和田峠 夏忘れヒルクライム

taizoonです。

メンテばかりでは身体はなまります。

3連休の最終日、台風は行ってしまわれた。

AM3:00にあまりの暴風で目が覚めましたが、AM6:30にはピーカンですよ。

満を辞しての峠トレーニングです。

晴れることはある程度分かっていたので、輪行和田峠へと前日から準備し、

来週に迫る赤城山ヒルクライムに向けたトレーニングです。

f:id:tm-arakawa:20170918164331j:image

いつもの電車に乗って高尾山口駅

最寄り駅から一本で行けるのはありがたいです。

 

今回のコースです。

パッと見どう行ったの?って感じですが、全て一筆書きで行きました。

相模湖から南側はいつもの逆走です。 

f:id:tm-arakawa:20170918172941p:image

 

f:id:tm-arakawa:20170918173324j:image

本日の大垂水峠

台風一過の影響で雨過晴天

遠くに夏富士が見えますね。

f:id:tm-arakawa:20170918173452j:image

相模湖。

 

f:id:tm-arakawa:20170918173347j:image

相模湖プレジャーフォレスト。

 

f:id:tm-arakawa:20170918173415j:image

途中のたい焼き屋。

f:id:tm-arakawa:20170918173551j:image

藤野駅付近の綺麗な橋。

f:id:tm-arakawa:20170918173621j:image

f:id:tm-arakawa:20170918173735j:image

で、いつもならスグに裏和田のトンネルに入りますが、本日は一人ライドだったのでプラっとルート新規開拓

国道20号を西へ下り、上野原工業団地交差点へ。

でグルグル回って裏和田ルートにぶつかりました。

f:id:tm-arakawa:20170918174259j:image

お決まりカット。

f:id:tm-arakawa:20170918174318j:image

帰りのつづら折り。

逆光がツラい。

f:id:tm-arakawa:20170918174337j:image

でいつもの大垂水峠をこなしゴール。 

ほとんど休み無く走ったので、結構早く戻ってこれました。

そこそこ身体をイジメることができました。

 

※このあと、高尾山温泉に寄りましたけどね。

 

 

ステム交換

taizoonです。

せっかくの3連休ですが、

狙ったかのように台風が来ています。

f:id:tm-arakawa:20170918074911j:image

天気予報で分かってはいましたので、本日はメンテナンスの日にしました。

 

メンテナンスとは言っても、普通のロードは毎日コツコツやってますので、順番的にミニベロを中心にメンテナンス開始。

チェーン、前後ディレイラー、プーリー、そしてフレーム

まぁ朝8時からやってると10時くらいには一通り終了。ミニベロだけでは収まらず、やはり普通のロードももう一度キレイにしてあげました。

 

それでも時間があったので、

作業部屋の整理整頓していると、ステムがゴロゴロと出て来ました。

f:id:tm-arakawa:20170918075444j:image

で、一つずつ「コイツはあの時買ったっけな」「コレは嫁のサーベロについてたヤツだ」とか浸りながら磨いていると、そう言えば、購入して以来自分が装着していないステムがあったことに気づきました。

f:id:tm-arakawa:20170918080008j:image

写真左から二番目の「3T ARX LTD」です。

「そう言えば、コレ付けたこと無いな?」

 

一番左がサーベロ純正ステム。

このステムをこっそり替えていたのが「3T ARX LTD」。

まぁせっかく替えてあげましたが、

色々あってサーベロのステムは別のものになっています。

それは置いといて・・・

f:id:tm-arakawa:20170918080952j:image

交換先はリドレーノア

現在、「EASTON EC90SL 110ミリ」が装着されています。

「ハンドルまで若干遠いかなぁ」と思いながらも、慣れて来てたのでワザワザ替える必要もありませんでしたが、暇なので替えます。

 

重量測定。

f:id:tm-arakawa:20170918081026j:image

EASTON EC90SL 110ミリ:121.5g

110ミリですが、さすがにカーボンステムなので軽量です。

 

f:id:tm-arakawa:20170918081042j:image

fizik CIRANO R1 90ミリ:120g

リドレーノアに最初にアッセンブルしたステムです。

嫁のサーベロにはコレの80ミリが装着されています。

f:id:tm-arakawa:20170918081110j:image

サーベロ純正

3Tのステム:144g

さすがに重いと思います。

f:id:tm-arakawa:20170918081126j:image

で、コレが本命。

3T ARX LTD 90ミリ:116g

軽い。そしてこのグロス感。

き、きっとノアに似合うはずだ。

早速、交換・・・。

f:id:tm-arakawa:20170918182555j:image

f:id:tm-arakawa:20170918182618j:image

こんな感じで仕上がりました。

「3T」の文字が主張しすぎてますがモノトーンな感じはまずまずです。

どうでしょうか。